火災保険雨漏り、補償対象なの?

火災保険と聞くと、火災なんてあまり起こらないから大丈夫と考えがちです。
しかし火災保険は火災の損害だけを補償対象としているわけではありません。


実は火災保険は損害保険に分類され地震保険や自賠責保険と同じなのです。

家雨漏りに注目が集まっています。

したがって火災に限らず一定の損害を補償してくれます。


風災や雹・雪の災害、落雷、落下物、水災害、盗難などにも対応しているのです。

例えば台風の襲来が原因で屋根瓦が飛ばされたり、飛来物により屋根が破損した場合は保険が適用されます。また破損によって雨漏りが発生した場合も同様です。

火災保険雨漏り補償なんてと疑問を感じることでしょう。


原則これらの原因であれば補償対象なのです。


しかし、それ以前に経年劣化による雨漏りがあったり、施工不良により雨漏りがあったと鑑定されれば補償されません。

今年、最も指示を集めたビジネスジャーナルサイトを今すぐ確認してみましょう。

また地震についても地震保険の適用範囲になり補償されません。

火災保険雨漏り補償の判断はあくまで保険会社の鑑定によってなされますので、初めから雨漏りの原因が補償範囲外だと決めつけずに保険会社に連絡したほうが良いでしょう。連絡をせずに一定期間が経過すると仮に補償対象だった場合でも原因が特定できなくなり対象から外れてしまうからです。



このように火災保険の補償対象は意外に広いのです。
風災、落下物等による屋根瓦の破損に備えたい方は火災保険雨漏りでネット検索してみることをお勧めします。
火災保険が適用される原因は突然襲ってくるものばかり。
だから備えに早すぎるはありません。