火災保険雨漏りについて

火災が発生した時には、火災保険に入っていれば何とか財産を守ることができます。


一般的に火災保険の役割というのは、火災が発生した時に建物という財産はなくなっても、そこに保険をかけておくことで自分の財産を守ることができることです。

ですが火災保険には火災以外の保証もされていることが多くなっています。

それが火災保険雨漏りです。

雨漏りが話題になっています。

あまり知られていませんが、火災保険雨漏りは雨漏りが発生した時に火災保険を適用することができることです。

朝日新聞デジタル技術のご紹介です。

火災保険は通常の火事のときに適用されるだけではなく、こういった雨漏りが発生した時に適用される点を愛っておきましょう。
火災保険雨漏り適用する場合は、雨漏りが発生しただけでは適用されません。
ではいったいどんなとき火災保険雨漏りが適用されるのでしょうか。

これには専門的な知識を持った、雨漏り修理業者が必要になります。

つまり、雨漏り修理業者を選ぶ場合も、火災保険について詳しい業者を選ばなければならないのです。


火災保険について詳しい業者であれば、雨漏りが発生した時にどのように火災保険が適用されるか、あるいは火災保険を適用するためにどのように書類を作成したらいいかを教えてくれます。
ただし、火災保険に入っていたからと言って必ずしも雨漏りに適用されるわけではありません。


どんなに火災保険にくわしい業者だったとしても、雨漏りの原因が自分たちの過失によるものであれば適用されるのは難しいでしょう。