屋根修理は火災保険雨漏りで

建物購入時に火災保険は必ず契約をしますが基本の火災の他の補償もしてくれます。
火災保険雨漏りで屋根の修理代を保険会社が支払いしてくれます。
突風、台風、強風、豪雨などの自然災害が原因で屋根の修復が必要な時には契約している火災保険雨漏りで修理できます。

但し経年劣化が原因での雨漏りは対象外となります。

自動車保険と違い火災保険を利用して修復をしてもペナルティーもないので該当する場合は火災保険雨漏りを利用して修復する事がおすすめです。



保険会社に事故の申請をすると保険会社から鑑定資格のある鑑定人が調査にきます。



鑑定人の調査結果後被災額を算定して保険会社に報告されます。

保険会社では報告書をもとに保険種類と補償内容を照らしあわせて支払い保険金額を決めます。
火災保険を契約している場合基本補償の火災の他に風災、雪災、ひょう災などの補償があるので契約内容を確認しておく事が必要です。保険金請求は申請後鑑定人の調査結果に基づき保険金支払い額が決定すると保険会社から保険金請求書と事故状況説明書が送付されてくるので指示に従い記入すれば保険金を受領する事ができます。契約者自身で簡単に手続きする事ができます。
雨漏りの被害があったらそのままの状態にせずにすぐに保険会社に被害状況を報告した方がよいでしょう。長い間放置したままでは保険会社で判定がむずかしくなり火災保険で修理できなくなります。

屋根の修理費用は契約している火災保険の補償内容により違いがありますが20万円以上の修理代が発生した場合補償になります。